产品浏览
  • Screen Shot 2019-06-03 at 7.07.09 PM
    2019年中国水素サプライチェーンの最新動向調査

    成果物:レポート形式:pdf
    調査内容:(世界)、中国の水素・燃料電池産業の最新の動向、産業マクロ情報、政府の政策的な取り組み、市場プレイヤー、最新技術の紹介、燃料電池コスト分析、代表的民間企業の動向詳細などの調査。
    調査期間:2019年5月~


  • Screen Shot 2019-06-03 at 7.05.28 PM
    2019年中国水素・燃料電池産業の最新動向調査

    成果物:レポート形式:pdf
    調査内容:(世界)、中国の水素・燃料電池産業の最新の動向、産業マクロ情報、政府の政策的な取り組み、市場プレイヤー、最新技術の紹介、燃料電池コスト分析、代表的民間企業の動向詳細などの調査。
    調査期間:2019年5月~


  • Screen Shot 2019-04-29 at 6.27.13 PM
    2019年中国水素供給バリューチェーン投資環境分析一覧

    現在の中国水素供給バリューチェーンの各セグメント(水電解水素製造装置、石化工(石炭・天然ガス)水素製造、工業副生水素製造、再エネ由来水電解水素製造、水素貯蔵、水素輸送、水素ステーション設備、水素ステーション建設、水素ステーション運営、FCV運営)の産業概要、将来の動向、新規参入障壁、競合分析、主要プレイヤー、基幹技術、投資リスク環境をまとめ、INTEGRAL社独自の視点での投資環境分析を一覧表(英語版)にまとめました。


  • Screen Shot 2019-04-27 at 4.30.09 PM
    2019年中国FCVバリューチェーン投資環境分析一覧

    現在の中国FCVバリューチェーンの各セグメント(膜、触媒、GDL、MEA、双極版、スタック、空気ブロワー、水素循環ポンプ、FCシステム、水素タンク、FCV製造、FCV運営会社)の産業概要、将来の動向、新規参入障壁、競合分析、主要プレイヤー、基幹技術、投資リスク環境をまとめ、INTEGRAL社独自の視点での投資環境分析を一覧表(英語版)にまとめました。


  • Screen Shot 2019-04-07 at 4.24.16 PM
    2018年中国のEVトラックの動向

    成果物:産業調査レポートppt(約70ページ)、(英語)
    支援内容:中国のEVトラック市場の最新動向、市場プレイヤー、新デジタルサービスなどの調査
    調査期間:2019年3月〜4月(一ヶ月)


  • Screen Shot 2019-03-11 at 3.20.07 PM
    2019年3月中国水素・燃料電池産業のバリューチェーン一覧

    2019年3月時点での中国水素・燃料電池産業のバリューチェーンを分かりやすく一覧表にしてまとめてみました。


  • Screen Shot 2019-02-15 at 4.27.37 PM
    2018年中国のバイオ燃料の動向

    成果物:産業調査レポートppt(約60ページ)
    支援内容:中国のバイオ燃料(バイオエタノール、バイオディーゼル、バイオジェット燃料)市場の最新の動向、産業マクロ情報、政府の政策的な取り組み、市場プレイヤー、代表的民間企業の最新の実証プロジェクトなどの調査。
    調査期間:2019年2月〜4月(約二ヶ月)


  • Screen Shot 2018-12-07 at 3.53.47 PM
    広東雲浮市水素燃料電池産業パーク視察レポート

    前回実施した上海重塑(Refire)への訪問インタビューに引き続き、中国車用水素燃料電池メーカーへの視察第二弾として広東国鴻(Sinosynergy)を訪問した。広東国鴻は2016年9月にカナダ燃料電池メーカーであるバラードと9SSL燃料電池スタックのOEM製造に関する戦略的提携を結んでおり、バラードとの合弁会社(広東国鴻巴拉徳水素エネルギー)を雲浮市に設立している。また同年10月には上海重塑との合弁会社である広東国鴻重塑を設立し、燃料電池システム(CAVENシリーズ)の生産を雲浮市で行なっている。2017年の実績ベースでは東風特専(東風汽車子会社)に550セットのCaven 3燃料電池システムを販売している。2018年には中国Eコマース大手のJD.comの保有する150台の燃料電池輸送車にも採用されている。2017年末時点では国鴻-重塑の燃料電池システムが車用燃料電池システム市場シェアの47%を占めており、首位である。なお、国鴻創業人であり董事長の馬東生氏は広東仏山政府と深い繋がりがあり、仏山政府との共同出資(仏山政府34%出資)により広東国鴻を2015年に設立している。また、馬氏は広東国鴻上海重塑の創業時における出資者であり、同社創業人の林琦氏とは個人レベルにおいても戦略的パートナーである。この他、南通百応(Bing Energy)の董事も兼任しており、Bing Energy(アメリカ)とバラードの中国FCV市場参入を誘導した立役者であるとも言われており、現在の中国FCV産業における重要人物の一人である。


    このレポートでは、国鴻が拠点を構える仏山(雲浮)産業移転工業パークの概要と、2017年に完成した9SSL燃料電池スタック生産ライン、飛馳バスの生産工場を訪問した内容について報告する。


  • Screen Shot 2019-01-12 at 2.31.33 PM
    2018年中国水素・燃料電池産業の最新動向レポート

    成果物:レポート形式:pdf(112ページ)
    調査内容:(世界)、中国の水素・燃料電池産業の最新の動向、産業マクロ情報、政府の政策的な取り組み、市場プレイヤー、最新技術の紹介、燃料電池コスト分析、代表的民間企業の動向詳細などの調査。
    調査期間:2018年8月~11月(約三ヶ月)


  • Screen Shot 2018-11-03 at 12.03.31 PM
    2018年第三回国際水素エネルギー燃料電池車フォーラム(FCVC2018)視察レポート

    FCVC2018は中国汽車工程学会(SAE China)が発起した国際水素エネルギー燃料電池協会(IHFCA)によって、昨年に引き続き今年も江蘇省如皋市で開催された。中国で開催されている水素燃料電池車関連の国際フォーラムとしては最大規模で、中国企業、外資企業の主要プレーヤーおよび大学・研究機関、国連開発計画署(UNDP)も参加している。また、開催地となる如皋市は国連開発計画署(UNDP)によって水素経済モデル都市に指定されており、燃料電池車の商業化のみならず、再エネ由来の水素製造、水素ステーション建設、水素充填・貯蔵・輸送、住居用定置型燃料電池の応用など水素経済による低炭素社会の構築を目指している。今回はこれまでに実施してきた中国水素燃料電池車産業の調査の一環として、各主要企業が発表する最新の技術や市場情報を入手し、同産業の最新動向を掴むことを目的とする。本報告書では三日間にかけて開催されたフォーラムのうち、主に第一日目、二日目の講演内容の概要と、特に重要と思われる内容をピックアップして紹介する。