中国新エネルギー産業ニュース

インテグラルでは目覚ましい発展を遂げている中国の新エネルギー・環境分野の最新の産業動向をブログ形式にして日々配信しております。弊社独自の手法により体系的にまとめることで、一般の方から業者の方まで幅広い層に分かり易くお伝えしていきます。
 
  「会社ブログ」・・・弊社の最新の活動をブログにしてご紹介して行きます。
  • 中国の棄風・棄光問題について
    5FE652B6FA36B14BFA58544B4393AA56A523CC04_size97_w900_h506
     Categories:太陽光発電 水素燃料電池 風力発電 

    これまでのブログでも中国の再生可能エネルギーの発展をレポートしてきましたが、中国は再生可能エネルギー大国であると同時に世界最大の再生可能エネルギー発電のチャンスロスの大きい国でもあります。
    特に風力、太陽光、水力による発電電力は、発電能力があるものの送電能力が足りないなどの理由により利用されないことがあります。このようなチャンスロスは「棄風」「棄光」「棄水」とよばれ、中国再生可能エネルギー開発の大きな問題となっています。


    下の図は中国の棄風率、棄光率の各地域分布を示しています。ご覧の通り、棄風では新疆自治区、甘粛省、吉林省のロス率が特に高く、30%を超えいます。棄光では新疆、甘粛のロス率が高い状況となっています。


  • 中国(陸上・洋上)風力発電市場の主要プレーヤー一覧
    3-16
     Categories:風力発電 

    世界のツートップはシーメンスガメサ、ヴェスタスとなっています。しかし、トップではないものの中国タービンメーカーの存在感は大きく、中国最大の風力発電タービンメーカーの金風(GoldWInd)は世界3位につけており、遠景能源(Envision)、連合動力(United Power)、明陽風電(MingYang)、重慶海装(HaiZhuang)などが上位に入っています。


  • 中国再生可能エネルギー、総発電設備容量世界1位!619GW!
    china-solar
     Categories:太陽光発電 風力発電 

    急速な経済成長と共に大気汚染が深刻の中国ですが、中国は実は世界の再生可能エネルギーのリーダーであることをご存知でしょうか。今回は中国の再生可能エネルギーの最新の動向についてまとめていきます。


  • 2017年中国の洋上風力発電は世界第3位!
    news160801_ph001
     Categories:風力発電 

    中国の2017年洋上風力発電の累積発電設備導入容量は 2788MW 、新規導入設備容量では1164MWであり、累積と新規共に導入容量では世界第3位。


  • 中国の風力発電産業、世界の総発電設備容量の1/3、日本の総発電設備容量の90%!
    Screen Shot 2018-08-24 at 11.44.45 AM
     Categories:風力発電 

    2017年に中国の風力発電の累積発電設備容量は188GW(ギガワット)を越えました。188GWがどれほど大きい数字かと言うと、2015年の日本の年間全発電設備容量が209GWなので、中国は風力発電のみで日本の総発電設備容量の約90%を占めていることになります。日本最大の電力会社である東京電力の2015年時点の総発電設備容量が67GWですので、その2.8倍にあたります。