検索結果
  • 中国の風力発電・太陽光発電における政策
    Wind and PV policies in China 2022.05.09

    成果物:レポート形式:PDF (20ページ、英語版)
    調査内容: 中国政府が掲げる2060年までのカーボンニュートラルの達成を目指す上で、石炭火力に依存している現在の国内のエネルギー構造を、再生可能エネルギーへ転換していくことが重要になります。その中で、風力発電と太陽光発電がどのような政策的位置付けを取るのか、どのような発展の方向性を政府は探っているのか、河北省や山東省などの鍵となる省政策も含め、分析・まとめています。


  • 2022年中国水素・燃料電池大型商用車メーカー
    Screen Shot 2022-04-15 at 11.25.37

    成果物:レポート形式:pdf (約52ページ)
    内容:中国水素燃料電池産業では大型商用車の領域が今後の重点発展領域と考えられており、現在はモデル都市群プロジェクトを中心として、各都市で長距離都市間物流トラックや長距離バス、重工業領域(炭鉱、鉄鉱、化学産業輸送用等)の大型トラックの導入が見られています。本レポートでは、直近の大型燃料電池商用車を開発している主要な自動車メーカー(福田汽車、飛馳バス、上海汽車、南京金龍)について、各社の最新の車輌モデル開発動向、技術開発動向、販売地域、販売拡大計画、生産計画、主要サプライチェーン、バリューチェーンエコシステム分析、今後の市場拡大戦略方針を弊社の分析と共に紹介しています。


  • 中国の電力市場とグリーン電力取引
    China's Power Market and Green Electricity Trade

    成果物:レポート形式:PDF (62ページ、英語版)
    調査内容:カーボンニュートラルやその他のサステイナビリティ目標を達成する上で、グリーン電力の獲得は重要な要素の一つです。このレポートでは、中国でどのようにしてグリーン電力を調達するか、現在の電力市場の取引ルールの概要と、分散型電力市場などの出現しつつある市場メカニズムの概要を説明しています。


  • 中国水素エネルギー産業発展中長期計画(2021〜2035年)の分析レポート
    Screen Shot 2022-04-08 at 1.24.37 PM

    成果物:レポート形式:pdf (11ページ、英語版)
    調査内容:2022年3月23日に発表された、国家発展改革委員会(通称NDRC: 中国の経済発展の戦略方針を決めている国の中枢機関)より発表された水素エネルギー産業発展中長期計画(2021〜2035年)の内容詳細と弊社分析をまとめました。


  • セミナー講演資料:2022年中国における水素エネルギー関連のIoT技術、DX応用の最新動向
    Screen Shot 2022-02-25 at 5.50.00 PM

    成果物:レポート形式:PDF (23ページ、日本語版)
    調査内容:中国では国策である低炭素社会の推進が進む中、水素・燃料電池産業の急速な成長がみられている。一方で中国の水素燃料電池車の運営管理において近年IoT技術を活用したデジタルプラットフォームが利用される傾向が現れ始めている。また、FCVだけでなく、水素ステーションの運営、水素製造、水素輸送についてもこのようなデジタルプラットフォームによる管理を行う実証プロジェクトなども登場している。本セミナーでは、中国の水素エネルギー市場とそのDX応用に関心を持つ企業を対象に、同分野の最新動向について解説を行った。


  • 2021年中国水素サプライチェーンの最新動向
    Screen Shot 2022-02-10 at 3.39.54 PM

    成果物:レポート形式:pdf (英語版80ページ、日本語版は今後掲載予定)
    内容:例年好評頂いている弊社レポート「中国水素サプライチェーンの最新動向レポート」の「2021年度版」をリリースしました。中国における水素製造・貯蔵・輸送・充填における一連のサプライチェーンに関連する中央政府政策、地方政府政策、技術標準の詳細まとめから各種水素製造方法の中国における技術最新開発動向、各都市製造能力、コストブレークダウンなどの重要情報を掲載しました。近年急速に建設が進んでいる中国の水素ステーションの気になる最新の開発動向、シノペックの動向(ケーススタディ)、ステーション運営コストブレークダウンを掲載しました。また、現状の整理だけでなく、2050年までの中国水素サプライチェーンの将来像に関する弊社の総合的な考察が加えられており、現在のビッグピクチャーから将来の水素サプライチェーンの在り方を適切に捉えられるように解説されています。


  • セミナー講演資料:2021年中国・山東省における水素・燃料電池産業の最新動向
    Screen Shot 2022-01-04 at 11.04.14 AM

    成果物:レポート形式:PDF (107ページ、日本語版)
    調査内容:重点講義内容:
    中国では国策である低炭素社会の推進が進む中、水素・燃料電池産業の急速な成長がみられている。2021年9月末時点において中国における燃料電池車保有台数は約8000台、稼働中の水素ステーションは170箇所に達し、稼働数では世界一となった。また、最近では港湾都市におけるFCフォークリフトや、工場や商業施設向けの熱電コジェネシステムなど定置用燃料電池もデモプロジェクトを通じた導入が見られている。山東省は中国で初めて水素エネルギーの大規模な利用を推進する「氢進万家(ケイ進万家)」(水素を一万世帯に供給) の実証省となるなど、当該分野が盛んとなっている。


    本セミナーでは、水素・燃料電池関連の中国(山東省)市場に関心を持つ企業を対象に、同省における動向とともに進出可能性やその課題等について解説を行った。


  • 2021年中国水素・燃料電池産業の最新動向
    Screen Shot 2021-11-08 at 5.35.12 PM

    成果物:レポート形式:pdf (約200ページ)
    調査内容:例年好評頂いている弊社レポート「中国水素・燃料電池産業の最新動向レポート」の「2021年度版」をリリースしました。FCV数量、水素ステーション数量の最新の最新データやモデル都市クラスターの各都市の目標やプロジェクト計画、参加企業の詳細を網羅。直近の燃料電池の高出力化のトレンド、基幹部品の国産化のトレンド、加速する大型商用車の実証など今ホットのトピックの詳細を解説。気になる各基幹部品の中国国産技術の現状のレベルについても、海外技術と定量的(技術数値をプロットしてマッピング)に比較することで視覚的に理解し易いようにまとめました。また、今後の事業検討に必要な燃料電池のコスト分析、今後の展望についても分析を加えました。定置用燃料電池、測定装置、製造装置などの新たなアプリケーション市場の動向分析が今年度から新たに追加されました。


  • 2021年中国のエネルギーマネジメントシステム(EMS)市場の動向
    Screen Shot 2021-08-31 at 10.50.22 AM

    成果物:レポート形式:PDF (55ページ、英語版)
    調査内容:2021年中国エネルギーマネジメントシステム市場の分析レポート。FEMS, BEMS, HEMSなどの最新ソフトウェアの市場導入動向、主要企業(ソフトウェア開発企業)動向、政府政策に関するインテグラル独自の分析手法により市場の現在、将来の動向を解説。


  • セミナー講演資料:2021年中国の水素エネルギー産業の最新動向
    Screen Shot 2021-06-28 at 2.50.33 PM

    成果物:レポート形式:PDF (41ページ、日本語版)
    調査内容:重点講義内容:
    中国では国策である低炭素社会の推進が進む中、水素・燃料電池産業の急速な成長がみられている。2020年には政府目標であった燃料電池車普及台数8000台を超え、稼働中の水素ステーションは100箇所を上回り、全国主要地で燃料電池関連の企業数の加速的増加・企業連盟の形成の動きがみられている。
    中国の水素燃料電池産業は市場が拡大する一方で、高止まりしている水素供給コストの低減、安定な水素の調達先の確保、CO2排出量の少ない水素の調達促進が課題となっており、市場の更なる発展のボトルネックとなっている。例えば、中国の水素調達の主流となっている化学工業セクターからの副生水素の資源は中国沿岸部に集中しており、供給量にも限りがあることから、将来的には水素不足が発生する可能性がある。
    従って、水素の長期的な安定供給の観点から、現在中国各地域では再エネ水素などのグリーン水素や、CO2の排出量を抑える技術を活用した化石燃料由来の水素であるブルー水素など、水素の調達先の多様化の検討が進んでいる。また、大量に生産した水素をどのような形で長期保存し、どのようにして遠く離れた水素需要地まで低コストで輸送するかも重要な課題となっており、現在低温液体水素、有機ハイドライド、金属マグネシウムなどの様々な水素貯蔵・輸送手段が実証プロジェクトを通じて検討が進んでいる。
    このような課題を抱える中、昨年、中央政府政策として初めてクリーン水素の供給に関する補助政策が打ち出され、今後は政府指導の下で経済性のあるクリーンな水素サプライチェーン産業を構築していくことを示した。
    本講演では現在の中国が目指している水素社会の全体像を紹介した上で、中国における主要な水素調達源、貯蔵・輸送方法、供給先に関する産業動向・企業動向を説明し、上記の課題に関する将来の展望について演者の考えを述べる。