調査実績
  • 中国のVPPにおけるケーススタディ
    VPP_Presentation_at_Suzhou_20220902

    レポート形式:PDF (6ページ、英語版)
    内容:中国においてVPPは、各ステークホルダーの注目を集め始めています。そんな中、2022年9月、INTEGRALは我々の持つVPPにおける知見を洞察をシェアするために、中日(蘇州)地方発展協力モデル区業務連絡メカニズム2022年エネルギーインターネット産業発展と協力サロン(中日(苏州)地方发展合作示范区 工作会商机制 2022 年能源互联网产业发展与 合作沙龙)に招待されプレゼンテーションを行いました。レポートの内容は、そちらのプレゼンテーションで使用したものになります。


  • 中国の炭素排出権取引制度
    JP_Emssions_Trading Scheme_0815

    成果物:レポート形式:pdf (日本語版: 62ページ, 英語版: 91ページ)
     内容:カーボンニュートラルやその他のサステイナビリティ目標を達成する上で、炭素排出権市場への理解は欠かせないものになります。2021年に、中国は全国炭素排出権取引制度(ETS)を発足しました。レポートは、その制度の概要に加えて、以前のCCERの発行要件や、VCUなどのそのほかのオフセットクレジットを紹介、ビジネスへの応用事例を分析しています。


  • 2022年中国定置用燃料電池市場の最新動向
    Screenshot 2022-11-30 at 14.55.48

    レポート形式:pdf (英語版、約44ページ)
    内容:中国中央政府が最近発表した水素政策 - 水素エネルギー発展のための中長期計画 (2021-2035) は、2035 年までの水素エネルギーの基本的なトーンを設定し、第 14 次 5 カ年計画における固定型燃料電池のアプリケーションと市場を強調している。この中長期計画では定置用燃料電池のエネルギーマネジメント、CHP、分散型発電、およびバックアップ電源の領域での開発を明示的に促進しており、今後の市場ポテンシャルが拡大している。2022年はマイクログリッド、工業団地、水素産業コミュニティなどにおいて中長期計画に基づいた実証デモが既に数多く見られており、 こうした政策への市場の動きが活発化している。このレポートでは、定置用燃料電池における中国中央政府・地方政府の最新の政策・ロードマップの詳細を紹介すると共に、定置用燃料電池のメジャープレーヤや代表的な実証デモを事例と共に紹介する。最後に、中国における定置用燃料電池の今後の市場セグメントや主要キーステークホルダーに関する動向を説明する。


  • 中国におけるCCUS
    top of top pic

    成果物:レポート形式:PDF (86ページ、英語版)
    内容:カーボンニュートラルを達成する上で、CCUSはオフセットクレジットと並び重要な手法となってきます。レポートは、中国におけるCCUSの概要と、Carobon CaptureからCarbon Utilization&Storageまでの重要なプロセスにおけるポイントをまとめています。レポート内で、中国国内におけるCCUSに関する重要な政策を紹介し、CCUSにおけるバリューチェーンを分析しつつ、現在の課題とボトルネックを明確にしています。さらには、中国国内におけるプロジェクトの詳細とキープレイヤーを紹介しています。