調査実績
  • 2024年中国水素・燃料電池産業の最新動向
    Screenshot 2024-02-19 at 11.58.36

    レポート形式:pdf (170ページ英語版)
    内容:例年好評頂いている弊社レポート「中国水素・燃料電池産業の最新動向レポート」の「2024年度版」をリリースしました。FCV数量、水素ステーション数量の最新の最新データやモデル都市群の各都市の目標やプロジェクト計画、参加企業の最新動向を全体的にアップデートしました。また、商用車だけでなく、FC乗用車の市場導入状況や主要プレーヤーの動向についても新たに追加しました。中国燃料電池の市場・技術開発トレンド、基幹部品の国産化の進行度などの最新動向も一新しました。各基幹部品の中国国産技術の現状のレベルについては、海外技術と定量的(技術数値をプロットしてマッピング)に比較することで視覚的に理解し易いようにまとめました。


  • 中国核融合産業の最新動向レポート
    Screenshot 2023-11-27 at 10.04.59

    成果物:レポート形式:pdf (英語版: 38ページ)
    内容:2022年に世界における核融合企業への投資額は計62.1億米ドル(円換算:9,270億円)に達するなど、近年、将来の脱炭素の切り札として核融合領域に注目が集まっています。このトレンドは中国でも顕著に現れており、中国科学院など従来から核融合開発を続ける国有研究機関の他、昨今では多くの民間スタートアップ企業が登場しています。これらの民間企業は核融合技術の早期の社会実装に向けて、従来の大型トカマク型核融合装置とは異なり、小型で低コストな球体型トカマク型核融合装置の開発が主流になっています。本レポートでは、中国における核融合技術開発の歴史から最新の核融合開発プロジェクトの開発動向をクローズアップし、主要開発企業、基幹部品サプライヤ、バリューチェーン、並びに投資開発動向をまとめています。


  • 中国におけるSAF
    Coverpage

    成果物:レポート形式:pdf (英語版: 62ページ)
    内容:航空セクターにおいて、持続可能な航空燃料での飛行、燃料効率を高めるための新しい航空機技術の開発、電気や水素を動力とする航空機の使用など、さまざまな手段を通じて炭素排出量を削減することできると考えられています。これらの対策の中で、SAF (持続可能な航空燃料) は、世界の航空機の排出ガスの 60% 以上を脱炭素化する新興燃料とみなされています。こちらのレポートは、主要企業の分析とともに、産業バリューチェーンの上流から下流までを示し、中国におけるSAFの全体像を明らかにしています。加えて、中国の航空業界に影響を与えるであろうCORSIAについても詳しく解説しています。


  • 中国のEVチャージング
    Top pic

    成果物:レポート形式:pdf (英語版: 81ページ)
    内容:中国のEV充電産業の発展は、EV産業に比べて数年遅れていました。中国のEV市場が、2013年から繁栄し始め2018年から徐々に成熟したのに対し、充電スタンドのインフラは2015年に急速に発展した背景があり、今後数年間で成熟していくと予想されています。 こちらのレポートでは、統計データとと世界のEVチャージングの発展状況に触れながら、中国の発展政策・GB/TやChaoJiなどの充電規格の状況などの分析を行い、中国におけるEVチャージングの導入状況を解説しています。 加えて、プラグ・アンド・チャージ、スマートチャージング、V2G などの登場しつつある充電モードを分析しています。 最後に、中国における電気トラックとバッテリースワップ(交換)ステーションの現状について説明しています。