中国新エネ産業ブログ

このサイトを共有する:
インテグラルでは目覚ましい発展を遂げている中国の新エネルギー・環境分野の最新の産業動向をブログ形式にして日々配信しております。弊社独自の手法により体系的にまとめることで、一般の方から業者の方まで幅広い層に分かり易くお伝えします。
 
  「会社ブログ」・・・弊社の最新の活動をブログにしてご紹介していきます。
  • 6021575102270_.pic_hd copy
    大阪−上海環境・エネルギー技術フォーラムにて講演してきました。
     Categories:会社ブログ 

    11月28日に大阪府上海事務所と上海科学技術交流中心により共同で開催された環境技術フォーラムに弊社中西がゲストとして招かれ、「中国新エネルギー産業の最新の動向」のお題で講演して参りました。


  • 20191125 Internatinal Hydrogen Suppliers in China
    [考察]Air Liquideの中国水素エネルギー市場進出におけるSinopecとの提携のインパクト
     Categories:水素燃料電池 

    先日、2019年11月6日に、フランスのガス供給会社Air Liquideと中国最大の石油供給会社のSinopec(中国石化)が、中国での水素エネルギー分野において、協力を強化していくことを目的とした覚書を締結し、今、話題となっています。


  • 全体風景
    CHFE2019(中国国際水素エネルギー・燃料電池技術製品展覧会)に訪問しました。
     Categories:水素燃料電池 

    視察先:CHFE2019(中国国際水素エネルギー・燃料電池技術製品展覧会)
    場所:広東省仏山市


    10月26日(土)から28日(月)まで、広東省仏山市で開催された第3回中国(仏山)国際水素エネルギー・燃料電池技術製品展覧会(The 3rd International Hydrogen Energy & Fuel Cell Technology and Product Expo Foshan-...


  • WechatIMG1217
    安徽省明天氢能(Mingtian Hydrogen Energy)訪問
     Categories:水素燃料電池 

    視察先:安徽省明天氢能(Mingtian Hydrogen Energy)六安市本社
    場所:安徽省六安市明天氢能本社


    先週、安徽省の主要燃料電池メーカーの明天氢能(Mingtian Hydrogen Energy)を大阪政府上海事務所と共に訪問して参りました。Mingtian Hydrogenからは王朝雲董事長(同社創業人)並びに主要経営陣一行に出迎えて頂きました。


  • image002
    FCVC 2019(国際水素燃料電池自動車会議) に訪問しました
     Categories:水素燃料電池 

    昨年に引き続き、今回も、弊社インテグラルは、国連開発計画(UNDP)が選定した水素社会のモデル都市の中国の如皋(ルーガオ)で、2019年9月26日から28日に、開催されたFCVC2019に、訪問してきました。今回の訪問においても、水素自動車関連産業の発展を肌で感じることができ非常に有意義な体験となりましたので、読者の皆様にも情報・感想を共有していきたいと思います。


  • image003
    韓国の水素ステーションについて(Part2)
     Categories:EV 水素燃料電池 

    前回のブログに引き続き、今回も韓国の水素産業にスポットを当てて述べていきます。今回は、弊社スタッフの韓国ソウルのサンアム水素ステーション現地取材レポートをご紹介させて頂きます。


  • image001
    韓国の水素ステーションについて(Part1)
     Categories:EV 水素燃料電池 

    今回と次回のブログにかけて、韓国の水素産業(特に水素自動車、水素ステーション)に関して述べさせて頂きます。初回のPart1では、ヒュンダイの水素自動車「NEXO」と韓国における水素ステーションの現状と今後の見込みを、次回のPart2では、弊社スタッフによる韓国の水素ステーション視察の内容を紹介させて頂きます。


  • image001
    海外FCプレーヤー達の中国水素燃料市場参入戦略
     Categories:EV 水素燃料電池 

    中国水素燃料市場の潜在的需要の大きさに、海外企業も、もちろん注目しており、様々な企業が、中国進出を試みています。ハイテク事業にあたる水素燃料電池事業における海外企業の中国市場への進出には、参入コストと参入スピードに加えて、製造コストと技術・ノウハウの流出防止のバランスを見ながら考え、決定していく必要があります。