NEW!)2020年3月3日 INTEGRAL Hydropediaが会員限定ページに新規オープン。中国のプレーヤーは数が多すぎてどのような会社だったか覚えきれない、英語名や中国名を見てもパッと見で分からない、という要望に答えるべく、中国水素燃料電池関連プレーヤーの辞書コンテンツを新規に開設致しました。辞書内を検索しても良いですし、ブログ記事中に出てくる会社名(太字表示)もクリックすることでも会社紹介が閲覧可能です。また、VIP会員様は会社概要だけでなく、プレーヤーの市場参入状況、パートナーシップエコシステム、製品情報まで詳細情報が閲覧可能になります。サンプルページとして、Refire(重塑能源科技)のページを、VIP会員向けコンテンツも含め全ての方に向けて公開しています。ぜひ一度、こちら、Refire(重塑能源科技)、をクリックし、ご確認くださいませ。

最新の投稿

  • 046Panorama003
    水素

    第一部に続き、第二部では水素の貯蔵・輸送について考えを書いていきたいと思います。第一部では水素は莫大な量の再エネを保存するための有効な手段であることを述べました。それでは次に具体的に再エネはどのような...

  • 7945144_orig
    水素燃料電池

    今回のブログでは、中国における水素の未来について考えてみたいと思います。中国が現在国の戦略的振興産業と位置付ける水素・燃料電池産業、そしてここ10年以上世界のトップを走り続けている再エネの導入量、この...

  • Screen Shot 2019-01-17 at 10.21.38 AM
    水素燃料電池

    CAAMによれば、中国2018年の自動車販売台数は2808万台となり、10年連続で全世界トップの売上台数となりました。新エネ車の販売台数も前年同期比61.7%増の125.6万台で、内訳は純EV車が98...

  • Screen Shot 2019-02-15 at 12.37.49 AM
    水素燃料電池

    2018年の水素燃料電池車の生産台数は合計1619台。12月に集中するようにして生産台数が増加し、燃料電池合計出力では50.91MWに達し前年比54.27%増となりました。

産業調査レポート

主要取引先

我々について

事業規模の拡大に伴い現在増員中!