中国張家口水素燃料電池産業パーク・風力発電所視察レポート

分享到:
Screen Shot 2018-09-20 at 9.38.06 PM
このページを共有する:
記事の閲覧数:238
日時:2018年9月20日 カテゴリ:水素燃料電池、風力発電
中国水素・燃料電池、風力発電所(水素製造含む):北京近郊〜張家口〜張北〜沽源
レポート形式:Word (13ページ)
 
【張家口水素燃料電池産業パーク・風力発電所視察レポート】
中国の水素・燃料電池産業は中央政府の設定した野心的な目標(2020年までに燃料電池車100万台、水素ステーション1000箇所設置)を達成すべく中国各地で水素・燃料電池関連の産業パークなどが相次いで計画・設立されている。特に長江デルタ一体(上海、江蘇省、浙江省など)、広東省、武漢、そして北京、張家口および大連など華北エリアは最も盛り上がりをみせており、水素ステーションの新規設立や商用燃料電池車の新規導入数が最も多い。今回これらの都市における燃料電池関連産業の発展の実態を掴むため、張家口におけるフィールド調査を実施した。河北省張家口市は2022年の冬季五輪の開催地でもあり、低カーボン都市として全世界に発信するため、2020年までに張家口再生可能エネルギーモデル地区では全消費電力の30%を再生可能エネルギー利用にする計画が推し進められている。現在、市内の公共バスでは中国最大規模となる74台の燃料電池車が運行しており、華北地方で第3番目の水素ステーションとなる張家口水素ステーションも一部運営が開始している。また、張家口の隣の沽源県では世界最大の10MW風力発電利用電解水素製造基地も建設中である。本報告書ではこれら施設の視察内容を中心に報告するとともに、今後の動向について考察していく。
 
内容
  • 前書き
  • 河北省(張家口周辺)の風力発電所
  • 河北省官庁水庫100MW風力発電所
  • 張北満井200MW風力発電所
  • 沽源東辛营200MW級風力発電所
  • 沽源東辛营風力発電所利用の10MW電解水素製造モデル実証事業
  • 張家口イノベーション産業パーク
  • 張家口水素ステーション
  • まとめ(弊社考察)
 
 
本レポートのサンプルをお求めの方は会員登録して頂くことで、会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。
 
 
 
 
 
案例相关图片

案例分类