2019年中国の動力電池の動向

分享到:
Screen Shot 2019-09-30 at 6.51.10 PM
この記事を共有する:
記事の閲覧数:134

【2019年中国の動力電池の動向】

 

成果物:産業調査レポートppt(約118ページ)、(日本語、英語)

調査内容:中国の動力電池(リチウムリン酸塩(LFP))、三元電池、固体電池)市場の最新動向、市場プレイヤー、政府政策、産業連盟、基金などの調査
調査期間:2019年7月〜9月完成

 

弊社レポートのサンプルをお求めの方は会員登録して頂くことで、会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。

 

↓本レポートの実際のサンプル図

 

目次
Part 1. 中国動力電池市場の概要  P4
- 市場概要-中国新エネ車市場は巨大市場に成長する見込み
- 市場概要-動力電池市場は新エネ車市場の成長に牽引されるように成長
- 市場概要-動力電池システムの構成要素
- 動力電池産業の主要な発展要因
 
Part 2. 動力電池産業  P9
- 二つの主要な正極材料比較-LFP(リン酸鉄リチウム)と三元材料の特徴
- LFP(リチウム鉄リン酸塩)と三元電池の市場動向-補助金が削減される中、コスト、技術の進歩、安全面で優位性のLFPが人気を取り戻している。
- LFP(リチウム鉄リン酸塩)と三元電池の市場動向-搭載車のエンジンの種類や使用形態によってエネルギー密度の要件が異なるため、それらの要素-もLFPや三元電池のマーケットシェアに影響する。
- パッケージング形状別の比較-円筒形セルは高エネルギー密度化を促進するが、使用する種類を判断する際には他の要素も検討する必要がある。
- パッケージング状別の市場動向-大手企業の支持に加えて、最も多くの車種に搭載されている事からプリズム型電池が最も幅広く使用される種類となっている。
- 大手動力電池メーカー-補助金制度の更なる削減により、各社コストや性能面の戦略を再検討している。これにより、電池各種の比率に影響が出ている。
- 動力電池会社の比較-市場の競争は激しく、集中化は続く
- 動力電池会社の地域分布-長江デルタ地帯や東部沿岸地方に企業が集中している。
- 各企業の技術進化-現状および今後の開発計画
- 主要動力電池会社と提携先自動車メーカー
 
主要プレイヤー –寧徳時代新能源科技(CATL)
- 寧徳時代新能源科技およびコア技術チーム
- 2019年第1四半期時点CATLの所有構造
- CATLの焦点および収入源は動力電池である
- CATLはコア技術、コスト管理、ビジネスモデルにおいて動力電池市場のリーダーポジションを維持
- 戦略1)主要コンポーネントにおいて高度な性能を目指し続ける
- CATLの技術ロードマップ、および生産能力拡大プラン
- 戦略 2)コスト管理 3)システム統合
 
- 比亜迪股份有限公司(BYD)
- 比亜迪股份有限公司(BYD)および新エネルギー車市場における現状の構成
- BYDのコア・コンピテンス:自社生産機能および取引先との緊密な関係性
- 戦略:社外パートナーと連携して機会を探る
- BYDの生産規模拡大プラン
 
- 国軒高科動力能源有限公司(Gotion)
- 国軒高科動力能源有限公司(Gotion)および世界的な研究基盤
- 国軒は主にLFP電池に注力している。商用車やバスを対象とし、競合に対してコスト面での優位を握る事をもくろむ。
- 戦略:1)資源の大半をLFP電池開発に使う。2)自動車メーカーの協力を得る。
 
- ファラシス・エナジー
- ファラシス・エナジーは高度な技術背景と高性能製品を持つ新興の動力電池会社である。
- ファラシス・エナジーの生産設備分布および今後の計画:国内外での拡大を計画
 
惠州億緯鋰能股份有限公司(EVE Energy)
- 会社概要及びコア技術
- 戦略:1)製品ポートフォリオの再設計 2)世界のハイエンド市場を狙う
 
- 上流コンポーネントの市場および技術発展動向
- 資本力と技術力の二点が正極材会社の長期成功の大局となる
- 正極材-正極材の市場集中度は低く、市場を支配するプレイヤーは存在しない
- 負極材-負極の材料は天然黒鉛が主流
- 負極材-負極材の市場は安定成長している
- 負極材-企業はSi/C複合材の展開を始めている。
- セパレーター-セパレーターの市場は比較的小さく安定している。現状中国国内のプレイヤーが少ないハイエンド市場に可能性が存在する。
- セパレーター-セパレーターを製造するにあたり性能とコストの二点は主要な考慮事項である
- セパレーター-セパレーターの市場集中化は拡大する見込み
- 電解質-電解質のコストは溶質に左右される。性能は添加剤の性能の影響を大きく受ける。
- 電解質-国内生産がセパレーターの国際市場を牽引し、市場集中度は中程度である。
 
固体電池
- 原理
- 固体電池-材料及び高エネルギー密度と安全性を両立する固体電池に向けた効果的な開発戦略
- 固体電池-技術トレンド・知的財産権
- 固体電池-技術トレンド- 主要企業および研究所
- 固体電池-技術トレンド- 主要企業や研究所のR&D状況
- 固体電池-贛鋒鋰業股份有限公司(Ganfeng Lithium)
- 固体電池-主要プレイヤー– 北京衛藍新能源科技有限公司(WeLion New Energy)
- 固体電池-主要プレイヤー-寧徳時代(CATL)
 
Part 3. 中央政府の政策  P59
- 動力電池に関わる主な政策
-「中国製造2025 」の概要
-「中国製造2025」ロードマップ
- 電気自動車(EV)用電池の技術ロードマップ
- プラグインハイブリッド車(PHEV)用電池の技術ロードマップ
- EV電池とPHEV電池の技術ロードマップ比較
- 新電池系の技術ロードマップ
- 正電極材料の技術ロードマップ
- 動力電池のライフサイクル別中央政府政策
- 上流製造部品
- 川下の利害関係者は川上のサプライヤーの主要新材料を保険保障付きで試すよう推奨される
- 上流製造部品-動力電池関連部品の基礎研究は、国の主要なR&Dプログラムによってサポートされている。
- 動力電池企業-インテリジェント製造のための模範的なプロジェクト
- 動力電池企業-新エネルギー車関連の投資における外国投資企業の市場アクセスの規制緩和傾向
- 製品と仕様-さまざまな目録が一緒になって、新エネルギー車業界のダイナミックな障壁を構築
- 製品と仕様-新たに発表された新エネルギー車における様々な車種の分布
- 製品と仕様-新たに発表された新エネルギーにおける様々な種類の電池の分布
- 製品と仕様-補助金政策概要
- 製品と仕様-乗用車への補助金政策
- 製品と仕様-バスへの補助金政策
- 製品と仕様-商用車への補助金政策
- リサイクル-パイロット地域でリサイクルと再利用のネットワークを確立する試験が開始
 
Part 4. 地方政府の政策  P82
- 動力電池における地方政府政策概要
- 地方補助金
- 市町村補助金
- 北京の政策
- 上海の政策
- 天津の政策
- 湖南省の政策 補助金・賞与政策
- 広東省の政策
- 珠江デルタの都市では新エネルギー車関連の政策が積極的に取り組まれている。
- 江西省の政策
- 広西省の政策
考察:中国の動力電池市場
 
Part 5. 基金/連盟  P100
- 地方政府と研究機関は基金の設立に積極的に動いている
- 動力電池関連業界における現在活動中の連盟における概要
- 中国自動車動力電池産業革新連盟
- 中国化学物理電源業界協会(CIAPS)
- 中国動力電池リサイクル・ラダー利用連盟
- 中関村エネルギー産業技術連合(CNESA)
 
Part 6. 付録:エネルギー貯蔵産業  P107
- 発電からエンドユーザーにおける消費まで幅広く使用されるエネルギー貯蔵
- 政府の支援により成長する国内市場
- リチウム電池を中心に急速に成長する国内電気化学エネルギー貯蔵市場
- 電気化学エネルギー貯蔵における技術ロードマップ
- エネルギー貯蔵用電池の開発工業化における重要因子
- エネルギー貯蔵産業を推進する支持政策
- 需要サイド-グリッドサポート
- 需要サイド-再生可能エネルギー統合
- 供給サイド-廃棄動力電池のカスケードリサイクル
- 供給サイド-有望なバッテリーの継続的な研究開発

 

弊社レポートのサンプルをお求めの方は会員登録して頂くことで、会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。

 

 
 
 
案例相关图片