2021年中国水素・燃料電池産業の最新動向

Screen Shot 2021-11-08 at 5.35.12 PM
このページを共有する:
記事の閲覧数:702
【2021年中国水素・燃料電池産業の最新動向】
 
レポート形式:pdf (英語版200ページ、日本語版114ページ)*本レポートの閲覧・ダウンロードはVIP会員のみになります。
内容:例年好評頂いている弊社レポート「中国水素・燃料電池産業の最新動向レポート」の「2021年度版」をリリースしました。FCV数量、水素ステーション数量の最新の最新データやモデル都市クラスターの各都市の目標やプロジェクト計画、参加企業の詳細を網羅。直近の燃料電池の高出力化のトレンド、基幹部品の国産化のトレンド、加速する大型商用車の実証など今ホットのトピックの詳細を解説。気になる各基幹部品の中国国産技術の現状のレベルについても、海外技術と定量的(技術数値をプロットしてマッピング)に比較することで視覚的に理解し易いようにまとめました。また、今後の事業検討に必要な燃料電池のコスト分析、今後の展望についても分析を加えました。定置用燃料電池、測定装置、製造装置などの新たなアプリケーション市場の動向分析が今年度版から新たに追加されました。
 
本レポートは英語版(フルレポート200ページ)と日本語版(114ページ)があります。日本語版は英語版の一部になります。
 
本レポートのサンプルレポート会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。
 
 
下図は本レポートの実際のサンプル図
 
 

 

レポート目次

第一部 中国の水素燃料電池産業の概要
- 中国水素燃料電池産業のスナップショット、概要
- 2021年中国燃料電池性能の動向
- 燃料電池部品の開発動向
 
第二部 中央政府・地方政府の政策
- 中央政府の政策:研究開発
- 中央政府の政策:ロードマップ 2.0
総合目標、燃料電池車、水素インフラ
商用車の技術と経済
乗用車の技術と経済
- 中央政府の政策:補助金政策
燃料電池車モデル都市群の実証実験:燃料電池車の推進
燃料電池車モデル都市群の実証実験:主要部品と水素供給
- 地方政府の政策
3燃料電池車モデル都市群実証事業の概要
- 京津冀燃料電池車モデル都市群 – 概要
京津冀燃料電池車モデル都市群 – 北京
京津冀燃料電池車モデル都市群 – 河北
京津冀燃料電池車モデル都市群 – 天津
京津冀、上海、広東の燃料電池車モデル都市群 – 山東
プレイヤー・産業基盤
- 上海燃料電池車モデル都市群 – 概要
上海燃料電池車モデル都市群 – 上海
上海燃料電池車モデル都市群 – 江蘇
上海燃料電池車モデル都市群 – 浙江
上海 & 広東の燃料電池車モデル都市群 – 内モンゴル自治区
上海燃料電池車モデル都市群 - 寧夏
プレイヤー・産業基盤
- 広東燃料電池車モデル都市群 – 概要
広東燃料電池車モデル都市群 – 広東
広東燃料電池車モデル都市群 – 安徽
広東燃料電池車モデル都市群 – 福建
プレイヤー・産業基盤
- その他の地域 - 四川・重慶
- その他の地域 - 湖北・湖南
- 地域政策目標の概要
 
第三部 中国の燃料電池応用
- 3-1部 燃料電池車の動向
市場業績:燃料電池車は主に商用分野で活用
政策背景:新たに発表された補助金政策が大型・重型商用車に有利
政策背景:高出力・高走行距離に向けた燃料電池車ロードマップ
燃料電池車への取り組み:3つの開発段階における車両構成、主要推進力、コスト
OEM分析:バス 
OEM分析:トラック 
大型商用燃料電池車:燃料電池車の性能
大型燃料電池バス:プレイヤーの概要
大型燃料電池トラック:プレイヤーの概要
応用シナリオ#1:公共サービス – 衛生管理
応用シナリオ #1:公共サービス - 都市建設
応用シナリオ #2:密閉空間– 鉱山
応用シナリオ #2:密閉空間 – 港湾・産業パーク
応用シナリオ #3:中・長距離輸送
技術、部品の性能
- 車載水素貯蔵
水素ガス:Type III水素貯蔵容器
水素ガス:業界の最新情報
70MPa & 液体水素の最新情報
- 車両運用
REFIREの事例 - ソフトウェアの監視、アフターサービス
REFIREの物流サービスモデル
Fotonの事例 - BiFCのSaaSプラットフォーム
- 3-2部 定置用燃料電池の用途・その他
- 定置用燃料電池
概要:3つの応用シナリオ
- 定置用燃料電池実証プロジェクト
パワーマネジメントの事例:Mingtian Hydrogen Energy
建物用発電機の事例:Dongfang Electric Corporation
- 燃料電池フォークリフト
概要
燃料電池フォークリフトの運用プラットフォーム
- 燃料電池鉄道
概要
- 燃料電池船
概要
- 3-3部 水素産業パーク
- 水素産業パーク
水素燃料電池は産業パークで3つの用途に利用されている
 
第四部 中国の燃料電池部品
- 国内部品技術・市場の最新動向
中国における燃料電池技術の概要
2035年までに燃料電池システムが内燃エンジンに匹敵
スタック – 大型車両市場を攻略する高出力製品を発売
スタック – カーボン製品はメタル製品に押され気味
スタック – 国内でのサプライチェーンを模索中
セパレータ – 軟質グラファイト・耐食コーティングを中国で開発
セパレータ – より高度な技術はスタックサプライヤーが開発する傾向にある
MEA – 性能、材質、加工による評価
MEA – 中国における現地生産の増加傾向
PEM – 一般的に商業的に使用されるパーフルオロスルホン酸(PFSA)膜
PEM – 輸入依存は続くも、国内のサプライヤーは追い上げる
触媒 – コストと耐久性が課題
触媒 – 商業用途において国内のサプライヤーが増加
ガス拡散層 – 高電流密度下での輸送特性の最適化は依然として重要である
ガス拡散層 – PEMや触媒に比べて国内供給が遅れている
BOP – 補助金政策による空気圧縮機と水素循環システム
空気圧縮機 – 遠心式製品が中国市場を席巻
水素循環 – ポンプが主流で、新しいソリューションが導入される
 
第五部 水素ステーション
- 水素ステーション
水素ステーションは中国で急成長を遂げている
ディスペンサーは完全な国産化を実現する可能性が最も高く、他のものはまだ技術的な改善が必要
- 第14次五ヶ年計画におけるSinopec水素ステーション計画
傾向 1: 2021-2025年に水素ステーションの数が急増する
傾向 2:複合型水素ステーションの建設に注力
 
第六部 TCO(総所有コスト)
- 大型トラックの購入コストと燃料コスト
- 補助金のある現状と今後の動向
- 燃料電池システムと水素貯蔵システムのコスト
- バス、物流トラック、大型トラックのTCO(補助金なし)
- 水素ステーションのコスト

第七部 燃料電池試験装置
- 市場概況
- 中国の燃料電池試験市場の機器
- 燃料電池試験装置の需要予測
- 試験市場における市場競争環境
- 車用燃料電池および定置用燃料電池評価機器市場セグメントとユーザ
- 技術標準
- 標準の内訳と比較(中国と国際)
- 市場問題点と潜在的な解決策
- 主要市場プレーヤー
- 燃料電池試験市場の技術動向
- 中国の燃料電池試験システムの概要
- サイクリックボルタンメトリー(CV)
- 電気化学インピーダンス分光法(EIS)
- 定電流充電法(GSC)
- 技術開発動向に関するインサイト
 
第八部 製造部品
- MEAの開発プロセス
- コーティング技術の比較
- ラミネーション技術
- スタック開発手法
- MEA生産者のコーティング技術と年間生産能力
- 機器サプライヤーの製品ポートフォリオ
- MEA、バイポーラプレートおよびスタックの開発目標
 
本レポートのフルレポートはVIP会員のお申し込みが必要になります。入会後、会員限定ページからダウンロードすることができます。
 
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。

 

 
 
 
案例相关图片