セミナー講演資料:2021年中国・山東省における水素・燃料電池産業の最新動向

Screen Shot 2022-01-04 at 11.04.14 AM
このページを共有する:
記事の閲覧数:329
セミナー講演資料:2021年中国・山東省における水素・燃料電池産業の最新動向
 
レポート形式:PDF (107ページ、日本語版)
重点講義内容:
中国では国策である低炭素社会の推進が進む中、水素・燃料電池産業の急速な成長がみられている。2021年9月末時点において中国における燃料電池車保有台数は約8000台、稼働中の水素ステーションは170箇所に達し、稼働数では世界一となった。また、最近では港湾都市におけるFCフォークリフトや、工場や商業施設向けの熱電コジェネシステムなど定置用燃料電池もデモプロジェクトを通じた導入が見られている。山東省は中国で初めて水素エネルギーの大規模な利用を推進する「氢進万家(ケイ進万家)」(水素を一万世帯に供給) の実証省となるなど、当該分野が盛んとなっている。
 
本セミナーでは、水素・燃料電池関連の中国(山東省)市場に関心を持つ企業を対象に、同省における動向とともに進出可能性やその課題等について解説を行った。このように多様化する水素利用手段の開発が進展する中で、日本企業にとっての参入領域はどこにあるのか、どのようなビジネス手法が必要になるか、またその課題は何か。本講演は現在の中国水素燃料電池産業の全体像を紹介し、水素の新たな利用手段の開発動向を説明し、上記の問題に対する演者の考えを述べる。
 
 
このレポートの閲覧・ダウンロードはVIP会員限定となります。VIP会員会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。
 
レポートのサンプル画像
 
 
目次
第1部 中国の水素産業概要
- 中国の水素・燃料電池産業の概要
- 中国の燃料電池技術性能の概要
- 中国の燃料電池車累計生産台数
- 中国水素燃料電池車モデル都市群の概要
 
第2部 山東省の水素計画
- 山東省の水素産業概要
- 山東省の地方政府の政策
- 山東省の「氢進万家」支援実証事業の最新情報
- 山東省における水素燃料電池関連の企業支援政策(補助金政策)
- 中長期水素エネルギーロードマップ 2020-2030
 
第3部 山東省の水素産業動向
- 中国の燃料電池車の開発動向
- 中国の燃料電池車の普及予測
- 中国の大型燃料電池トラック 応用シナリオ:重工業(鉱山、港湾、産業団地)
- 中国の大型燃料電池トラック 応用シナリオ:中長距離輸送
- 中国の燃料電池商用車のクラウド運用プラットフォーム(例:BAIC FotonのSaaS)
- 中国の定置用燃料電池の普及予測
- 定置用燃料電池 3つの応用シナリオ
- 定置用燃料電池のアプリケーション 水素ストレージ、パワーマネジメント
- 水素産業パークの概要
- マイクログリッド
- 山東省の水素燃料電池市場規模予測
- 中国の燃料電池フォークリフト
- 山東省の水素製造の動向 グリーン水素、ブルー水素、グレー水素、工業副生水素
 
参考①産業動向分析
- 日本企業の商機:水素製造
- 日本企業の商機:水素輸送・貯蔵
- 日本企業の商機:水素ステーション設備
- 日本企業の商機:燃料電池関連(システム、スタック、主要キーコンポーネント、BOP)
 
参考②山東省の主要ローカル企業
水素燃料電池スタック/システムメーカー
- Weichai Power
- HaiDriver
- SinoFuelCell / SinoHytec
- MOH
- Foresight Energy
- Nowogen
 
水電解装置メーカー
- Kohodo Hydrogen Energy
- Saikesaisi Hydrogen Energy
- SinoHy Energy
 
総合エネルギー企業
- Meijin Energy
- Shandong Energy Group
 
水素サプライヤー
- Befar Group
- Huaneng Taishan New Energy
- SinoPec Qingdao Refining & Chemical
 
燃料電池自動車メーカー OEM
- Zhongtong Bus
- SinoTruk Jinan Truck
- Feichi
 
その他
- Rigor
- Cube Energy
- Dongyue
- AEET
 
このレポートは会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。

 

 
 
 
案例相关图片