中国における6G

toppic jp
このページを共有する:
記事の閲覧数:23
【中国における6G
 
レポート形式:PDF (日本語版:28ページ、英語版:28ページ)
内容:6G の定義は、まだ世界的に合意に達していませんが、各国・地域は、5G の開発とともに 6G テクノロジーを模索しています。 中国、日本、韓国、EU、米国が開発を主導している中で、 彼らは 6G についてどのように考えているのか? 中国の主要プレーヤーは誰で、彼らはこれまで、6G開発にどのように取り組んできているのか? こちらのレポートでは、他国と比較しながら中国の6G開発について解説しています。
 
関連レポートのサンプルレポート会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。
 
下図は本レポートの実際のサンプル図
目次 (日本語版)

Part 1. 6Gの概要

-6Gの定義: 1Gから6Gへ
-5Gとの比較
-6Gパイロット国間での比較
-6Gパイロット国間における技術的展望の比較
-6Gパイロット国のワイヤレスキーテクノロジーにおけるステータス
-6Gパイロット国のネットワークキーテクノロジーにおけるステータス
 

Part 2. 中国における6G開発

-中国の6G政策タイムライン
-IMT-2030 (6G) プロモーショングループ
-国家技術プロジェクト
-民間技術プロジェクト
-世界初の6G実験衛星 
 

Part 3. 中国6Gにおける主要プレーヤー

-中国移動
-中国電信
-中国聯通
-Datang Mobile (CICT, China Information Communication Technologies)
-ZTEHuawei
 

Part 4. 6Gにおける海外協力

-ITU3GPP
-6Gワイヤレスサミット
 

Part 5. まとめ&考察

-6G開発への道のり

-6Gにおいて先行する中国

 

関連レポートのサンプルレポートは会員限定ページからダウンロードすることができます。

 
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。

 

 
 
 
案例相关图片