中国核融合産業の最新動向レポート

Screenshot 2023-11-27 at 10.04.59
このページを共有する:
記事の閲覧数:90
中国核融合産業の最新動向レポート
 
レポート形式:PDF (英語版:38ページ)
内容:2022年に世界における核融合企業への投資額は計62.1億米ドル(円換算:9,270億円)に達するなど、近年、将来の脱炭素の切り札として核融合領域に注目が集まっています。このトレンドは中国でも顕著に現れており、中国科学院など従来から核融合開発を続ける国有研究機関の他、昨今では多くの民間スタートアップ企業が登場しています。これらの民間企業は核融合技術の早期の社会実装に向けて、従来の大型トカマク型核融合装置とは異なり、小型で低コストな球体型トカマク型核融合装置の開発が主流になっています。本レポートでは、中国における核融合技術開発の歴史から最新の核融合開発プロジェクトの開発動向をクローズアップし、主要開発企業、基幹部品サプライヤ、バリューチェーン、並びに投資開発動向をまとめています。
 
関連レポートのサンプルレポート会員限定ページからダウンロードすることができます。
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。
 
下図は本レポートの実際のサンプル図
 
目次
Part 1 Overview of Fusion Reaction 
- Brief History of Nuclear Fusion Energy
- Nuclear Fusion Roadmap
- Fusion Reaction Overview
- Tokamak Device
- Fusion Reaction Mechanism
- Bottleneck of commercialization 
 
Part 2 ITER Project
- Construction Engineering
- Key Components
 
Part 3 Chinese Fusion Industry
- National lab: ASIPP
- National lab: SWIP
- Chinese Fusion Industry Supply Chain
- Global Fusion Investment Trend
- Private Fusion Companies in China
- Startorus
- Energy Singularity
- ENN
 
 

関連レポートのサンプルレポートは会員限定ページからダウンロードすることができます。

 
新規入会登録はこちらよりお願い致します(無料)。

 

 
 
 
案例相关图片